上賀茂神社 | 京都の結婚式・挙式情報【和婚なび】

神社空き状況確認

資料請求

来店予約 ご相談・下見も全て無料!費用や流れも丁寧にご説明します ※挙式希望地以外のカウンターでもご相談可能です!(例:東京カウンターにて京都の神社のご相談)

お問い合わせ 0120-27-2057 にっこり仲良く ふたりの和婚なび 開店時間 10:00~20:00(水曜日休み)

メールでのお問い合わせ

京都 075-257-2057 (直通) 営業時間10:00?20:00(水曜日休み)

京都カウンター
(スキナウェディングサロン内)

〒604-8124
京都市中京区高倉通四条上ル帯屋町572
フサヤビル1F

FAX:075-253-1378

大阪 06-6486-1715 (直通) 営業時間10:00?20:00(水曜日休み)

大阪カウンター
(スキナウェディングサロン内)

〒530-0013
大阪府大阪市北区茶屋町6-20
吉田茶屋町ビル6

FAX:06-6486-1707

東京 03-5367-0522 (直通) 営業時間10:00?20:00(水曜日休み)

和婚なび 新宿カウンター
(スキナウェディングサロン内)

〒160-0022
新宿区新宿3-9-1
新宿土地建物第10ビル 1F

FAX:03-5367-0537

アクセスはこちら

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

地域:京都市

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

上賀茂神社(賀茂別雷神社)上賀茂神社(賀茂別雷神社)上賀茂神社(賀茂別雷神社)上賀茂神社(賀茂別雷神社)上賀茂神社(賀茂別雷神社)上賀茂神社(賀茂別雷神社)上賀茂神社(賀茂別雷神社)上賀茂神社(賀茂別雷神社)上賀茂神社(賀茂別雷神社)上賀茂神社(賀茂別雷神社)上賀茂神社(賀茂別雷神社)上賀茂神社(賀茂別雷神社)

世界遺産に指定された国宝本殿の前にある重要文化財御籍屋(みふだのや)にて、
厳かに執り行われる挙式は、おふたりにとって神聖で思い出深い結婚式となるでしょう。

また、京都三大祭で最も古く格式がある「葵祭」の行われる神社としても有名で、
春には境内にある見事な枝垂桜が結婚式をより幻想的に演出し、秋には紅葉が
燃え上がるように包み込む、京都の四季が鮮やかに彩られた挙式となります。

「和婚なび」では、不必要なコストをかけずに世界遺産での挙式をサポートさせて頂きます。

上賀茂神社(賀茂別雷神社)の基本情報

住所(交通)京都市北区上賀茂本山339
挙式料10万円
挙式時間9:00~15:45 ・ 17:00 ・ 17:45  ※45分間隔
音楽雅楽(生演奏)
お手水あり
参進(傘の有無)あり(傘あり)
新郎新婦控え室あり
親族控え室あり
駐車場あり
収容人数48名迄

上賀茂神社(賀茂別雷神社)挙式当日の流れ

挙式の作法説明(きょしきのさほうせつめい)

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

(挙式時間の30分前)
控室にて、巫女より挙式の作法説明がございます。

「神前式の作法って難しそうだなぁ…」 
という方もご安心を。
丁寧にご説明していただけるので、どなたでも立派な神前式が出来ますよ。

手水の儀(てみずのぎ)

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

(挙式時間の5分前)
控え室前の手水舎(てみずや)で手を洗って頂き、
心身を清めます。

表面上のみならず心もを清め、神様の前に出るための準備をします。

参進の儀(さんしんのぎ)

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

神職・巫女を先頭に、新郎新婦・参列者が列をなし
挙式会場「細殿」へと花嫁行列が進みます。

鮮やかな赤い番傘と朱色の楼門がとても印象的です。

※雨天の場合も同じく外を歩きますので、各自で雨具のご用意ください。

修祓(しゅばつ)

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

修祓(しゅばつ)とは神事の前のお清めのことで、
参列者も全員起立して一同頭を下げ、神職がお祓いをいたします。

※三三九度より撮影可能なためイメージ写真

斎主祝詞奏上(さいしゅのりとそうじょう)

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

斎主(神職)が神様にお二人の結婚の報告をし、
神々の加護とお二人のご多幸を願って、
感謝の祝詞(のりと)を読み上げます。

※三三九度より撮影可能なためイメージ写真

三三九度の杯の儀(さんさんくどのさかずきのぎ)

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

神前に供えた御神酒(おみき)で盃を交わし、
生演奏による雅楽の調べが響き渡る中、
夫婦の永遠の契りを結びます。

神様のお供え物である御神酒には神様の力が
込められると信じられています。

飲めない人は口をつけるだけでもOKです。

この三三九度の儀式より、
自席からの撮影が可能になります。

指輪交換の儀(ゆびわこうかんのぎ)

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

ご希望であれば指輪交換も可能です。

指輪の交換は本来の神前式にはない儀式ですが、
現在では行われる方が多いです。

※挙式前に指輪を神職・巫女にお預けください。

誓詞奉読(せいしほうどく)

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

新郎新婦が神前に並び、
誓いの言葉である誓詞(せいし)を読み上げ、
神様と参列者の前で、永遠の愛の誓いを立てます。

玉串拝礼(たまぐしはいれい)

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

新郎新婦が巫女から玉串を受け取り神前に捧げ、
二礼二拍手一礼の作法でお参りをし、参列者も新郎新婦に合わせて拝礼します。

玉串:榊(さかき)の枝に紙垂(しで)をつけたもの

五十鈴の儀(いすずのぎ)

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

巫女が祝福の鈴を鳴らし、神様の力を授けます。

親族結杯の儀(しんぞくがためのさかずきのぎ)

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

参列者全員で御神酒(おみき)の盃を交わし、親族の契りを結びます。

この間も雅楽の生演奏が流れ、新しく家族となる皆様の門出を祝福いたします。

斎主挨拶(さいしゅあいさつ)

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

神職(斎主)による式の結びのあいさつ、記念品の授与の後、神職の先導により、全員本殿前へと移動します。

本殿・片岡社参拝(ほんでん・かたおかしゃさんぱい)

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

上賀茂神社「本殿」と「縁結びの神様」を祀る片岡社に参拝します。子宝と家運繁栄を祈願し二礼二拍手一礼の作法でお参りになります。

本殿は階段が続きますので、参列者の中で足の悪い方がいらっしゃる場合は次の参拝所「片岡社」でお待ちいただくか、写真撮影場所などでお待ちいただいても結構です。

写真撮影①

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

挙式後、写真撮影のプランにお申込みいただいた方には、境内での写真撮影がお楽しみいただけます。

重厚な「楼門」や重要文化財にも指定された「玉橋」の朱色、秋には紅葉が白無垢によく映えます。

※行事・式典により、撮影場所が限られる場合がございますので、予めご了承ください。

写真撮影②

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

境内を流れる「奈良の小川」や、6月には夏越祓(なごしのはらえ)の「茅の輪」が設けられます。

とても画になる撮影ポイントが多いので、特別な1日をお写真に残してみてはいかがでしょうか。

上賀茂神社(賀茂別雷神社)のボイス&レポート

  • H26.6.24挙式
    中川様・利田様

    中川さま、利田さま H26.6.24[挙式]上賀茂神社

    「京都人なら上賀茂神社!」上賀茂神社で挙げるということが京都出身である私たち二人の最大のこだわりでした。実際に式を挙

  • H23.11.6挙式
    仁田様・浦底様

    仁田さま、浦底さま H23.11.6 [挙式]上賀茂神社 [披露宴]コムシェソワ

    予算内で上賀茂神社での挙式から披露宴までが実現できました!当初は親族のみでの挙式と簡単な食事会を…と考えていたのですが、

アクセス

JR「京都駅」から市バス9系統「西賀茂車庫前行き」40分、「上賀茂御薗橋」下車徒歩3分 ‎

周辺のおすすめ会場

  • 玉屋かも川

    玉屋かも川

     上賀茂神社から徒歩2分、店の前を賀茂川が流れ、比叡山を眺めることのできる素敵な見晴らし。明治中期、社家の並ぶ通りに

  • カポディモンテ(Capodimonte)

    カポディモンテ(Capodimonte)

     地下鉄烏丸線北山駅から徒歩7分、京都北山通りを北へ入ったところに佇む「カポディモンテ」は、イタリアの民家をそのまま

先輩新郎新婦のアドバイス~あれがよかった、これが困った~

2014年4月に挙式をしました。
初デートで行った上賀茂神社の満開の桜がとてもきれいだったので、桜のシーズンにこだわってました。
「半年前なら大丈夫だろう」と問い合わせたところ、
まだ空きがあったのですぐに予約を取りました。

後から神社の方に教えてもらったんですが、
桜の時期は非常に人気が高く、半年前には予約で埋まっていることが多いので、この時期に予約が取れたのは運が良かったですねと言われました。

桜の季節の上賀茂神社がおすすめですが、人気の日取りはすぐ埋まるようなので、早めの予約をおすすめします。
(京都府在住:27歳 新婦)
11月の平日に上賀茂神社にて挙式を行いました。
土日は観光客でいっぱいだと伺っていたので、あえて平日を選びましたが、本当に正解でした。

挙式後の写真撮影もほぼ貸切状態で、普段は人通りが多いという参道の大きな鳥居も、2人だけで撮影ができました。

ちょうど紅葉のピークで、気持ちのいい青空と燃えるような紅葉のコントラストがとてもきれいでした。

平日ならではのプライベートな神社婚が堪能できたので、人目が気になる方は、平日の挙式も検討されてみてはいかがでしょうか。
(兵庫県在住:38歳 新婦)
和婚をするなら 京都!
京都といえば 上賀茂神社!!

京都の地になんのゆかりもなかった2人ですが、
上賀茂神社での結婚式を決めました!

京都の神社の中でも、
特に歴史が深い神社とは聞いていましたが、楼門や鳥居、本殿など建物の迫力が圧巻でした!

挙式は本殿ではなく、細殿という重要文化財の中で行いましたが、挙式後にはしっかり本殿への参拝の時間もあり、親族も大満足だったようでなによりでした。
(広島県在住:27歳 新郎)
挙式当日は緊張こそあったものの、細殿での挙式やその後の本殿での参拝など、とても充実した内容の式だったと思います。

これは後から聞いたことですが、上賀茂神社の挙式時間は他の神社より長いらしく、
世界遺産の風情をゆっくり楽しめるのもおすすめできるポイントです。
(京都府在住:26歳 新婦)
上賀茂神社でナイトウェディングをしました!

17:00・17:45からの挙式は宵の結び(よいのむすび)というらしく、神社の閉門後の挙式なので、境内に参拝者がいない貸切状態でプライベートな挙式が出来ます。

落ち着いた静寂な空間で、たいまつの灯りがとても幻想的で素敵な挙式になりました。
ご友人が参列できないことと、夜の冷え込みが厳しいので寒さ対策にはご注意を!
(京都府在住:24歳 新婦)
TOP